横須賀夢アカデミー3期生体験会

こんにちは!

カメラマンのみーやんです。

今回は、6月13日に開催された横須賀プログラミング”夢”アカデミー3期生募集体験会の様子をお届けしていきます!

2部屋を使って午前・午後に行われた体験会には、様々なサポーターが集結していました。教室を運営する石巻にある会社「イトナブ」からは、講師のよっつさんや日の出さん、加えてイトナブ代表の古山さん。またその他にはなんと…普段教室で講義を受ける学生3人も応援に駆けつけており、一人ずつ前に出て自己紹介をしてくれました!

 オープニングでは、主にプログラミングの基礎知識についての説明がなされました。

・プログラミングとは何に使われるものなのか

・プログラミングの言語の違いは何か

・プログラミングができると、就職先として「エンジニア」という選択肢が増える

などなど…プログラミング未経験者の私も理解しやすいと感じる内容です。

特に、新しいモノが次々生み出される時代で活躍するのは、モノの原材料(鉄など)よりも「プログラミング」という技術だ!というよっつさんの言葉が印象的に残りました。

次に、軽い準備運動として簡単なタイピングにチャレンジ。ここでは、無料練習サイト『イータイピング』を使いました。

「プログラミングに興味があっても、パソコンのキー入力にはまだ慣れていない」という方も多く、参加者の皆さんは夢中でキーボードを打ち込んでいる様子。

けれどもタイピングに関しては、ご自宅や学校の授業などパソコンに触る機会を増やしていけば上達するはずです。ぜひ楽しみながら練習してみてくださいね!

タイピングが終わると、いよいよ実際にHTML、CSS、JavaScriptといったコードを使ってWebアプリケーションの開発をしてみるパートに入ります。

テーマは…『おみくじをつくろう』!

今回は体験会のため、コードに関する細かい説明は省き、プログラミングがはじめての方でもやりやすい部分に絞って取り組んでもらいました。

まずは教科書の通りにコードを書いてみて…

このずらりと並んだコードがどのように”動くモノ”へと形を変えていくのかを、実際に手を動かしつつ体験してもらいます!

HTMLで書いたものが「ベース」なら、CSSはその「飾り付け」。それに「動きをつける」のがJavaScript。といったように、役割を順番に理解しながら実践していました。

慣れていないとコードを1行書くにも一苦労ですが、参加者の皆さんは一生懸命めげずにパソコンの画面に向き合っていて、サポーターも身を乗り出して彼らの姿を応援していました。

早い人の中には、チャレンジ課題である『じゃんけんゲーム』の制作にも手をつけている方もいました。ですが、自分より先に進んでいる人と比べて焦る必要は全くありません。講師のよっつさんが伝えていたように、何よりも「とにかくゆっくり、間違えないようにコードを書くこと」が大切です。

3期生の体験会に参加してくださった皆さんは総じて、初心者・経験者問わず目の前の課題に一生懸命取り組んでいました。その姿にエンジニア志望の私までも刺激をもらいました!

この体験会を通じて、プログラミングの秘める可能性や楽しさを知っていただけたら幸いです!ぜひ、通常の教室へのご参加お待ちしております!

夢アカ通常講習5回目

みなさん初めまして!夢アカ運営に新たに加わった、カメラマンのみーやんです。

”プログラミング未経験の大学生”である私の視点から、今回はじめて参加した講習会の様子をお届けいたします!

6月12日(日)は、横須賀プログラミング”夢”アカデミーの対面講習第5回目が行われました。

コロナ禍において、気になるのが感染対策ですが…マスク着用や体温の測定が徹底されていました。対面でも安心してプログラミングに集中できる良い環境で、講習はスタート!

…と、メインテーマに入るその前に。

アイスブレイクとして行われたのは「お絵かき伝言ゲーム」!

各受講生が考えたお題を誰かが受け取り絵に表し、それを他の誰かに伝言していく遊びですが…絵やお題に個性があって大盛り上がりでした。「そうめん」「犬狼」など絵にするのが難しいお題もありましたが、受講生の皆さんはマウスを駆使して上手に絵を描けていました!

楽しいアイスブレイクが終わると、講習はいよいよ本題に入ります。

今回は「常にスケジュールを意識して制作を進めよう」をテーマに講習が行われました。

オープニングでは、講師のよっつさんがパワーポイントを使ってスケジュール管理の大切さを分かりやすく伝えていました。このスキルはWeb開発に限らず、大学で出される課題やチームで取り組むゼミの研究など、今後どんな場面でも大活躍すること間違いなしです。

夢アカの学習コースは「ゲームを開発するコース」と「WEBサイトを作るコース」の大きく2つに分かれており、コース内でもさらに細かいチームに分岐して取り組んでいます。各チーム、様々な場所に集まって制作に取り組んでいる様子でした。

WEBサイトを作るコースでは、

①サイトに載せる素材(画像など)を集める担当

②実際にコードを書く開発担当

といったように、それぞれの得意なことに合わせた役割分担を決めてサイト制作をするチームがありました。「今どこまで進んでいるか」「どういった方向性でいくのか」など随時報告し話し合っています。コミュニケーションも頻繁にとれていて、チームワークはバッチリ!

また、受講生自身が先生となって他の生徒に教える姿も印象的でした。

ゲームを開発するコースでは、

実際にゲームをプレイしつつ、オブジェクト(キャラクター、小道具、背景など)の設定を真剣に調整する受講生の姿が伺えました。また、ゲームマネージャー(ゲームの進行管理)については、講師のスーさんが「ゲームで遊ぶ相手の気持ちを考えること」の大切さを教えていたりと、かなり本格的な指導がされているようです。

どんなゲームが出来上がるのかワクワクしたり、受講生の作業する姿にも「カッコいいなあ…」とついつい見入ってしまいました。

また、このように着々と制作が進行されていく裏では…夢アカ運営の日の出さんが受講生のインタビュー動画を撮影していました。

いずれ夢アカの紹介動画として公開されるのをお楽しみに…!

夢アカ通常講習4回目

こんにちわ!夢アカ運営カメラマンのキャップです!

5月23日(日)は、横須賀プログラミング”夢”アカデミーの対面講習第4回目が行われました!

今回もコロナの中、マスクと体温を測ってしっかり予防しながらプログラミング講習に取り組んでいきます。

前回、チームで行ったアイデア出しとサイトのデザインを今日はどこまで進ませるのか、オープニングから真剣な眼差しが感じ取れます。チームのチャット共有で使っているslackを見返しながら思考を巡らせています。

第4回のメインテーマに入る前に、まずは簡単にアイスブレイクとして「ペーパータワー」をしました。紙を重ねたり折り曲げたりして、どれだけ高く積み上げられるかチーム対抗で競いました。このアイスブレイクでは、完成のイメージを共有することで課題を見つけられるチームが勝負の鍵ですね。

第4回目の講習テーマは、「チームで開発するサイトや個人で開発するゲームアプリの完成までのスケジュールと役割を決めよう」という事でした!

前回講習の「チームで出てきたアイデアを制作し始めよう」ということで、ひとまずアクションに移したメンバーもいましたが、開発のスケジュールを無策のままでデザインに凝ったり、機能を増やしすぎることで最終発表までに間に合わなかったなんてことが起こらないように管理したいですよね。

スケジュールと役割を決めるためには、開発するwebサイトがどんな機能でどんなゴールのビジュアルになるのか、またコードを書き出すのにどれくらい時間が費やされるのか逆算するなど、チームでコミュニケーションをとって共有することが大事です。

webコースでは、早速チーム開発するための条件である「ゴールのサイトイメージ」の共有を紙に書いたりデジタルで描きはじめました。普段チーム開発などしたことない受講生からしたらチームでのプロジェクトの共有方法も伝え方が難しいですよね。それでも、チームで話し合って解決することもプログラミングスキルの一つですよね。

Unityコースでは、自分自身の想いも企画に加えたUnityのゲームアプリケーションを制作するという初参加の受講生もいました。Unity担当講師のスーさんや横須賀市の職員にもアドバイスをもらいながらゲーム内の敵キャラを何にするのか悩んでいましたね。地元横須賀をテーマにしたゲームアプリケーションどんなものが完成するのか楽しみです!

そんなところで第4回の講習も終了しました。今回の成果としては、webコースメンバーもunityコースのメンバーもゴールとスケジュールを立てることができました。

クロージングで講師のよっつさんから8月末の締め切り期日に向けて喝を入れられました!これから対面講習以外でもオンラインで進めたりするためにやはりチーム開発でコミュニケーションが必須ですね。

機能の実装部分も1期から講習で学んできた子供たちからしたら成し遂げたい思いが伝わりました。プログラミング能力をフルで発揮できるように横須賀プログラミング”夢”アカデミーが一丸となって進んでいきましょう。

夢アカ通常講習3回目

こんにちわ!夢アカ運営カメラマンのキャップです!

ゴールデンウィーク明けの5月8日(土)に、横須賀プログラミング”夢”アカデミーの対面講習第3回目が行われました!

第3回のメインテーマに入る前に、まずは簡単にアイスブレイクとして「タイピング大会」をしました。指の運動をかねて「イータイピング」でスコア対決をしたところで244点の得点を出した受講生もいました。初めてタイピングに挑戦した時と比べてすごい成長ですね!

第3回目の講習テーマは、「チームで出てきたアイデアを制作し始めよう」という事でした!

今回は全チームが揃ったので、早速Webコースでは第2回講習で分かれた3チームそれぞれがアイデアから浮かんだサイトデザインや機能の実装コードを書きはじめ、Unityコースでは各々でUnityゲーム紹介サイトを見ながらチュートリアルとしてコードを書いて完成させる目標で活動しはじめました。

今期からは数人チームで取り組む受講生もいるので、最初のアイデア出しの会議や積極的な意見を交わすコミュニケーションが大事なことになってきますね!第2回講習同様、とあるチームはホワイトボードを使ったりスラックで参考になるサイトのリンクを送りあったりしていました。

webコースでは、横須賀市を舞台としたコンテンツをいかに面白く便利にサービスを利用してもらうかコンセプトや実装機能を、参考になるメディアサイトやGoogleマップで横須賀市をみて情報集めをしています。とあるチームでは横須賀市内に存在する公園を利用者がレビューするクチコミ型コミュニティサイトを作ろうとしと奮闘中です。

講師のよっつさんからもweb制作のヒントを貰いながら活発に会議をしていました。

Unityコースでは、Unity担当講師のスーさんとともにゲーム制作の参考サイトから、障害物を避けながら横に走ってコインを集める2Dゲームの制作に挑戦していました。早速コードを書き始めて今回からがっつりプログラミングが始まりました。

子供たちの集中力は凄まじいですね!考えが詰まったりするとプログラミングの参考サイトを黙々と調べています。

今回完成に向けて進んだ子供たちの成果は、どんなプログラミング言語を使うのか、チームで作り上げたいサイトでは何ができるのかをチームで話あえたところでしょう。

前回のアイデアを元にサイトのデザインを考えていくと、更に欲しい機能や必要になるであろう機能がどんどん湧き出てきますよね!

今後はお互い役割分担をした進め方や進行の管理など、チーム開発では仲間とコミュニケーションをとることが大切ですね!夢アカデミーの子供たちがどんなサイトを作るのかお楽しみに。

夢アカ通常講習2回目

こんにちは!夢アカ運営のよっつです。

4月25日(日)に横須賀プログラミング”夢”アカデミーの対面講習今年度2回目を開催しました!

今年度2回目の講習は前回のアイデア出しの続きになります。

アイデア出しを行う前に、頭の運動として後出しジャンケンを行いました!
最初は少し緊張ぎみでしたが、段々と表情も柔らかくなって楽しく行うことができました。

アイデア出しでは両チーム前回の続きからになります。

Webチームはホワイトボードにアイデアを書き出して何を制作していくかを決めていきました。
前回は遠慮がちでしたが、今回はどんどんとアイデアが湧いて選ぶのに少し時間がかかり、最終的にはアイデアも決まり3チームに分かれて制作を行うところまで進むことができました。
Unityチームは講師の方に制作物の相談をしながら必要なセットアップしていきます。

Webチームはホワイトボードを使うチームや開発環境を整えるチームなどチームの色を出しながら、Unityチームは個人個人でアイデアを出しながら講師の方に形するための相談から始めました。

まずは今できることよりも少し難しいことを目標に今後両チーム制作を行っていきます。

最後にアイデアを形にするためにはどう動かないといけないかを伝えて講習は終了です。

今年度2回目でしたが大きく一歩踏み出せた講習となりました。
今後は今回決めたアイデアをもとにどんどん制作物を形にしていきたいと思います。もし自分もやってみたいと感じてくれた方がいらっしゃいましたらぜひお声がけしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

夢アカ通常講習1回目

こんにちは!夢アカ運営のよっつです。

4月10日(土)に横須賀プログラミング”夢”アカデミーの対面講習今年度1回目を開催しました!

今年度初の通常講習は自己紹介を行い、これから開発するアプリケーションのためのアイデア出しを行いました。

今回の自己紹介では、コロナの感染対策も踏まえ、直接話さないで紙に書いて距離を離して行いました。
アイデア出しをする上でお互いを知るため、また、一緒に講習を行なっていく仲間を知るための大切な時間です。

アイデア出しではWebコースはチームで、Unityコースは個人で行いました。

今回のテーマは横須賀市ということでまずは横須賀市のことを個人個人で調べてアイデアの種を出しました。
普段暮らしている街のことを改めて調べることで新たな発見が生まれたのではないかと思います。

Webコースは初めてのチームだったのでなかなか意見がまとまりませんでした。

その時に今回参加できなかった仲間からの助けもあり、段々とアイデアが飛び交うようになって、結果としては多くアイデアが出たので次回投票にして決定していきます!

Unityチームは個人でのアイデア出しになりました。
アイデアが出たら講師の先生へ確認してもらう作業になりましたが、アイデアを出す表情は真剣そのもので悩みながらもアイデア出しを頑張っていました。

最後に今後の進め方の説明を行い講習は終了です。

今年度初の講習はプログラミングではなく自分と向き合う時間が多くありましたが、作りたいものを作るための作業でした。アイデアが決まり次第またプログラミングを勉強していきます。まだ今年度始まったばかりですが、今年も楽しく講義を行なっていきたいと思いますので、参加してみたい方がいらっしゃいましたらぜひお声がけしていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします!

横浜製機様 職場訪問

こんにちは!夢アカ運営の日の出です。

3月29日(月)に横須賀市内にある企業、「横浜製機株式会社」様に職場訪問をしてきました。

横浜製機様は夢アカデミーの生徒が住んでいる横須賀市内にある企業様で、鉄道ドアをはじめとする鉄道車両部品を生産しています。

JR、私鉄、新幹線、輸出車輌の各種ドア製造の国内シェア約50%を誇り、独自の技術を持っているモノづくり企業様です。

今回夢アカ生はそんな国内シェアを誇るモノづくり企業様の現場に直接お伺いし、普段どのように仕事をしているのか、自分たちが普段から使っているモノがどのような想いで作られているのかということを学んできました。

また、自動車部品製造から現在の鉄道部品生産事業に至った経緯などを社長自らご講演いただき、生徒たちも熱心に耳を傾けていました。

夢アカ生たちはプログラミングやアプリケーションといったソフトウェア開発を学んでいますが、何か1つのものを創るということが大好きなメンバーたちだったので、モノづくりを続ける横浜製機様のお話はとても興味を唆られたのではないかと思います。

最後にお土産として特大のレーザーカッターで切り出してくれた電車と自転車の金物をいただきました!

今回の職場見学を通して生徒たちにモノづくりの楽しさ・大変さといったことや、自分たちが住んでいる地元にこのような素晴らしい企業があったんだという気づきも得られたのではないかと思います。

このような大変貴重な経験をさせていただき、誠にありがとうございました!

夢アカ通常講習7

こんにちは!夢アカ運営の日の出です。

3月28日(日)に横須賀プログラミング”夢”アカデミーの対面講習7回目を開催しました!

今年度の通常講習は今回がラストだったので、最後の発表までに最低限動くところまで実装しようとみんなラストスパートをかけていました!

オリジナルアプリを開発していたメンバーは、最後に追加できそうな機能を取捨選択し時間内に実装できるように試行錯誤を繰り返し、2期生はサンプルコードや教材を自分なりにカスタマイズして最後の発表に臨みました。

また、今回は最新の技術に触れてもらうために全員にVR(OqulusQuest2)を体験してもらいました!

初めてVRを体験するメンバーも多かったのでみんな大興奮でVRアプリを楽しんでいました。今回の経験を経て将来VRアプリエンジニアになる子も出てくるかもしれませんね。

最後に1人1人が今日やった内容と、この1年夢アカに参加しての感想を発表してもらいました。

ほぼ全員共通の感想は「プログラミングは難しい」でした。

今までScratchなどのビジュアルプログラミングしかやったことがない人にとってみたら実際に英数字だけのコードを打ち込んで1つのアプリケーションを作成していくのはとても大変だったと思います。

それでも頑張って作り切ることができたメンバーは、自分が思っている以上の進化を遂げていると思っています!

最後に講師の方々から総評をいただいて本日の講習は終了しました!

初期から参加していた1期生、今年の後半から参加した2期生ともにコロナの影響でとても大変な1年だったと思います。それでも最後まで夢アカデミーでプログラミングを学んでもらえたことは運営としてもとても嬉しく思っています。来年度も夢アカは続き、さらに進化していけるように運営としても頑張っていきたいと思いますので、ぜひ自分たちもこの活動に参加してみたい!という方がいましたらぜひお声がけください!

よろしくお願いいたします!

2020年度 夢アカ生作品紹介

作品1

使用技術:Unity2019/C#

秋葉原を観光しながらゲームができるワイヤーアクションFPS。Unityで製作していて自動追尾機能などもつけている。

※GoogleChromeでは表示されないので別のブラウザ(MicrosoftEdge or Firefoxなど)で開いてください。

FPSゲーム


作品2

使用技術:HTML,CSS,JavaScript

2つの数の計算問題を自動で作成してくれるWebアプリケーション。印刷もできる。

計クリ


作品3

使用技術:HTML,CSS,JavaScript

四択問題やテキストベースの回答ができるWebクイズアプリ。

学習クイズアプリ


作品4

使用技術:HTML,CSS,JavaScript

テレビの「芸能人格付けチェック」のようなWebクイズゲーム。ランダムに問題文が出てくる。

格付けチェック


作品5

使用技術:Unity2019/C#

Unityで制作したARで動く音ゲー。AR部分やタップ機能などは未実装

※GoogleChromeでは表示されないので別のブラウザ(MicrosoftEdge or Firefoxなど)で開いてください。

AR音ゲー


作品6

使用技術:HTML、CSS、JavaScript、Firebase、Node.js、FullCalendar

Firebaseを使いスケジュールに従って通知を出してくれるオリジナルアプリ。

※リンクはないので動画で確認してください。


これ以降も順次追加していく予定です!

夢アカ通常講習6

こんにちは!
イトナブの日の出です。

3月12日(土)に横須賀プログラミング”夢”アカデミーの対面講習6回目を開催しました!

1月〜2月は完全オンラインでの講習だったのですが、3月に入り徐々に感染者も少なくなってきたことから今回より通常講習を再開いたしました。

 

 

オンラインでも顔を合わせて講習をしていましたが、やはり実際に会って講習を行うことで生徒たちもより集中して開発に取り組んでいたのではないかと思います。

みんな休憩も忘れて真剣にアプリ開発に取り組んでいました!

 

 

今回はUnityチームは1人の参加だったので鈴木先生を独り占めにしてアプリ開発に挑戦中です!

 

 

Webチームもオリジナルアプリを開発する人、ネットからサンプルを探してもくもく写経する人などさまざまに取り組んでいました。

 

 

最後に1人1人今日取り組んだ内容を発表して終了です。
彼は今まで作っていたものが著作権の都合上公開できないとなったので、代わりにBlenderを使ってカップ焼きそばの3Dモデル制作に挑戦していました!

 

 

鈴木先生を独占していた彼は何度もUnityが落ちるというアクシデントに見舞われながらもなんとかアプリ制作を進めることができました。
頑張って完成まで持っていきたいですね!

 

 

なかなかコロナの終息が見えない中ですが、こうやって少しずつでもプログラミングを学ぶ機会を作っていけたらなと考えています。

4月からは新たな取り組みも動き出しますので、今後とも横須賀プログラミング”夢”アカデミーをどうぞよろしくお願いいたします!