レポート記事

2021.04.12

夢アカ通常講習1回目

こんにちは!夢アカ運営のよっつです。

4月10日(土)に横須賀プログラミング”夢”アカデミーの対面講習今年度1回目を開催しました!

今年度初の通常講習は自己紹介を行い、これから開発するアプリケーションのためのアイデア出しを行いました。

今回の自己紹介では、コロナの感染対策も踏まえ、直接話さないで紙に書いて距離を離して行いました。
アイデア出しをする上でお互いを知るため、また、一緒に講習を行なっていく仲間を知るための大切な時間です。

アイデア出しではWebコースはチームで、Unityコースは個人で行いました。

今回のテーマは横須賀市ということでまずは横須賀市のことを個人個人で調べてアイデアの種を出しました。
普段暮らしている街のことを改めて調べることで新たな発見が生まれたのではないかと思います。

Webコースは初めてのチームだったのでなかなか意見がまとまりませんでした。

その時に今回参加できなかった仲間からの助けもあり、段々とアイデアが飛び交うようになって、結果としては多くアイデアが出たので次回投票にして決定していきます!

Unityチームは個人でのアイデア出しになりました。
アイデアが出たら講師の先生へ確認してもらう作業になりましたが、アイデアを出す表情は真剣そのもので悩みながらもアイデア出しを頑張っていました。

最後に今後の進め方の説明を行い講習は終了です。

今年度初の講習はプログラミングではなく自分と向き合う時間が多くありましたが、作りたいものを作るための作業でした。アイデアが決まり次第またプログラミングを勉強していきます。まだ今年度始まったばかりですが、今年も楽しく講義を行なっていきたいと思いますので、参加してみたい方がいらっしゃいましたらぜひお声がけしていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします!

横須賀プログラミング”夢”アカデミーとは?

横須賀プログラミング”夢”アカデミーは横須賀の子どもたちの未来の可能性を拡げるためIT・プログラミングを集中的に学べるアカデミーです。

このアカデミーは「プログラミングで世界を目指す」をコンセプトに、年間を通じて、子どもたちの技術と意欲を高める学習プログラム、市内ゆかりの企業や研究機関等との連携、また、国内外の大会への挑戦など、様々なIT・プログラミング経験を重ねることで、令和の時代を生きるスキルを身に着け、将来的に国内外で活躍するIT人材の輩出を目指し開講されました。

なお、この取組みは、アカデミーを中心とした世代・活動場所を超えたつながりや互いの切磋琢磨により、子どもたちと一緒に横須賀の新しい魅力の創造を目指したプロジェクトです。

主催:横須賀市経営企画部企画調整課
委託事業者:株式会社イトナブ

お問い合わせ・ご質問はこちら
横須賀市経営企画部企画調整課
電話: 046-822-8221
E-mail: re-c@city.yokosuka.kanagawa.jp
この事業は、神奈川県川崎競馬組合が主催する
「川崎競馬」の利益配分を活用した
神奈川県市町村自治基盤強化総合補助金を活用しています。