レポート記事

2020.05.20

2020年度 横須賀プログラミング”夢”アカデミースタート!

     

はじめに、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
世界規模での厳しい状況は今なお続いており、今後も引き続き私たちにできる範囲で感染予防を心がけていきましょう。1日も早い収束を祈っております。

さて、そのような状況下で「横須賀プログラミング"夢"アカデミー」も対面講習の自粛をしていたのですが、「もっとプログラミングを学びたい!」「アプリケーションを完成させたい!」という生徒の声があり、この度4月から「2020年度 横須賀プログラミング"夢"アカデミー」を始動させました!

未だ新型コロナウィルスの影響は続いているので、対面式の講習ではなくオンラインでの講習の形を取り、基本的に講師と生徒がマンツーマンで行うようにします。
オンライン講師は「エンタ、日の出、よっつ」先生の3名が担当し、8月末の「U-22 プログラミングコンテスト」に向けてオリジナルアプリケーションの開発を進めます!

前年度の復習も兼ねてプログラミングの基礎から学ぶ生徒や、既にプログラミングコンテストに向けてオリジナルアプリケーション開発に着手している生徒など、マンツーマンなので生徒たち自身のペースに合わせて講習ができるのもポイントの1つです。
現在10数名の生徒が3名の講師の方々に教わりながら開発を進めています。

これからどんなアプリケーションが出てくるのか、今から非常に楽しみです!
今後もこのブログなどで途中経過の様子を伝えてきたいと思いますのでよろしくお願いいたします!

横須賀プログラミング”夢”アカデミーとは?

横須賀プログラミング”夢”アカデミーは横須賀の子どもたちの未来の可能性を拡げるためIT・プログラミングを集中的に学べるアカデミーです。

このアカデミーは「プログラミングで世界を目指す」をコンセプトに、年間を通じて、子どもたちの技術と意欲を高める学習プログラム、市内ゆかりの企業や研究機関等との連携、また、国内外の大会への挑戦など、様々なIT・プログラミング経験を重ねることで、令和の時代を生きるスキルを身に着け、将来的に国内外で活躍するIT人材の輩出を目指し開講されました。

なお、この取組みは、アカデミーを中心とした世代・活動場所を超えたつながりや互いの切磋琢磨により、子どもたちと一緒に横須賀の新しい魅力の創造を目指したプロジェクトです。

主催:横須賀市経営企画部企画調整課
委託事業者:株式会社イトナブ

お問い合わせ・ご質問はこちら
横須賀市経営企画部企画調整課
電話: 046-822-8221
E-mail: re-c@city.yokosuka.kanagawa.jp
この事業は、神奈川県川崎競馬組合が主催する
「川崎競馬」の利益配分を活用した
神奈川県市町村自治基盤強化総合補助金を活用しています。